エアコンの電気代を節約する工夫とは?簡単な方法で無駄をなくそう!

暮らし
スポンサーリンク

暑い夏がやってきましたね。

子ども達も外に出たがらず家の中にいることが増えて、エアコンをつける時間が多くなっています。

そこで気になるのが電気代。
春から夏にかけて毎月請求額があがっていって、分かってはいることだけどがっくり。

主婦としては光熱費は少しでも節約したいですよね。

エアコンの使い方やちょっとした工夫次第で節電・節約ができますので、その方法を
ご紹介します。

スポンサーリンク

節電できるエアコンの効果的な使い方

エアコン設定で節電

うさぎ
うさぎ

エアコンの効果的な使い方はよく耳にするから知っているつもりだけど、実はよく分かっていないかも・・・
改めて確認してみましょう。

①設定温度は夏28℃、冬20℃にする

設定温度は1℃あげるだけでも約10%の節電効果があります。

冷やしすぎは体調不良の原因にもなりますので、+1℃を意識してみましょう。

②電源をこまめにオンオフしない

エアコンは運転開始時に多くの電気を使います。

数十分程度の外出ならつけっぱなしにして、部屋が冷えた時は設定温度をあげて調整しましょう。

③風量設定は自動運転にする

一見、弱風だと節電できそうな気がしますが、部屋が冷えるまでに時間がかかり無駄に電気を消費してしまいます。

自動運転でおまかせにするのが一番効率がよい方法です。

④設定温度を下げるより、風量調節をする

消費電力が少ないのは、設定温度を下げるより風量を強くすることです。
 

ひと工夫で節電

さる
さる

エアコン以外のちょっとした工夫で暑さをやわらげることができるよ。どれも簡単にできることだからやってみよう。

①扇風機・サーキュレーターを併用する

暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいきますので、扇風機を天井に向けてまわして空気を循環させましょう。

②フィルターの掃除をする

フィルターにごみなどが詰まってしまうと性能が落ちてしまい、電気の無駄使いになります。定期的にお掃除をしましょう。

③室外機のまわりをきれいにする

室外機のまわりにたくさんの物や雑草があると、吸排気の妨げになり冷房効果が弱まります。

④室外機に直射日光をあてない

室外機が高温になると効率がわるくなり電力を使用するため、すだれなどで日陰をつくってあげましょう。

スポンサーリンク

エアコンなしで部屋を涼しくするおすすめの方法

ねこ
ねこ

エアコンの風が苦手とか、涼しくなりすぎて体調不良になるからできれば使いたくない人もいるよね。何かいい方法はないかな?

部屋を涼しくする

①窓を開ける

部屋の風通しをよくして、室温を下げます。
できれば部屋の窓を複数開け、風を通り道をつくってあげましょう。

①遮光・断熱カーテンを使用する

外からの強い日差しと熱を遮り、室内温度の急上昇を防いでくれます。
日中外出する時はカーテンをして出かけると、熱がこもるのを防げます。

②サンシェードやグリーンカーテンを設置する

窓の外から熱を遮るのも効果的です。見た目にもおしゃれで涼しく感じられます。

③扇風機を使用する

扇風機の前に濡れタオルや凍らせたペットボトルを置くと、冷やされた空気が流れてきて涼しく感じます。

④体を冷やす

太い血管の通っている首筋や脇の下を冷やすとより効果的です。
冷たいタオルや布でカバーした保冷剤を使って体に当ててみます。

冷やしすぎると危険ですので、長時間の使用はやめましょう。

⑥夏野菜を食べる

夏野菜にはカリウムと水分が多く含まれていて、体を冷やしてくれます。
代表的な夏野菜は、きゅうり、トマト、ゴーヤ、スイカ、なすなどがあります。

暑い夜を快適にぐっすりと寝る方法

①冷たい寝具を使う

ホームセンターなどでよく見かける冷却シーツや冷却マットを使うと、触り心地がヒンヤリとしていて気持ちいいですよね。

②氷枕や保冷剤を使う

後頭部を冷やすと冷たくて気持ちよく寝付くことができます。
冷やしすぎはよくないので、タオルなどで調節しながら使いましょう。

首を冷やすと肩こりの原因になるので注意してください。

③お風呂に入る

ぐっすり眠るためには熱すぎない温度のお風呂につかります。
体温が下がると眠りにつきやすくなるので、寝る30分~1時間前には済ませます。

④規則正しい生活をする

毎日の生活リズム、3度の食事、適度な運動を心がけると、睡眠の質が高まります。

まとめ

エアコンの節電にはエアコンの設定でできるものと、エアコン以外の対策でできるものがあります。

どれもほんのひと手間で簡単にできますので、夏の電気代が気になる方はできることからやってみましょう。

部屋の冷やしすぎは体調不良の原因になりますし、電気代を気にして我慢しすぎると熱中症になる危険もあります。

エアコンを上手に使って、暑い夏を乗り切りましょう。


タイトルとURLをコピーしました