バレンタインにあげるものには意味がある!最適なお菓子の選び方

イベント・行事
スポンサーリンク

バレンタインといえばチョコレートを贈るのが定番ですよね。

でも毎年チョコレートばかり贈っていると、たまには違うお菓子を選びたくなりますよね。

じゃあ何でもいいかといえばそうでもありません。

実はお菓子の種類によって意味があるのです。

その意味を知っていると選ぶポイントも変わってきますし、意味を意識したチョイスができますね。

スポンサーリンク

バレンタインに渡すお菓子の意味

いろいろなお菓子が持つその意味についてご紹介していきます。

バレンタイン「チョコレート」の意味

バレンタインにチョコレートを贈るのは定番で本命でも義理でもチョコを渡しますよね。

そんなチョコレートが意味するものは、「特別な意味はなし」です。

えつつ!?という感じもしますが、意味がないのであれば本命にも義理にも誰にでも渡せる万能なお菓子なのです。

バレンタイン「ガトーショコラ」の意味

ガトーショコラはフランス語でチョコレートのケーキという意味です。

チョコレートには特別な意味がないといいましたが、ケーキ類も同じで「特別な意味はなし」なのです。

ですので、ガトーショコラも特別な意味を持ちませんが、濃厚なチョコレートケーキはチョコ好きにはたまりませんし、差別化するにはおすすめなお菓子です。

バレンタイン「キャンディ、キャラメル、マカロン」の意味

キャンディは「あなたが好き」

キャラメルは「一緒にいると安心する」

マカロンは「特別な人」

を意味しています。

キャンディやキャラメルは口の中に長く残るので、「ずっと一緒」「愛が続く」などのLOVEな意味が込められています。

マカロンは高級感がありカラフルで華やかさもありますので、他のお菓子よりも特別ということで特別な存在であることをアピールできます。

バレンタイン「クッキー」の意味

クッキーには「友達でいよう」という意味があります。

クッキーはサクッとした食感で乾燥しているので、

「2人の関係もあっさりとサクッっとしている」
乾いた関係であることを表しています。

ですので、本命に渡すのは避けて、義理チョコや友チョコなど量が必要な場合に用意するといいですね。

バレンタイン「マシュマロ」の意味

マシュマロは「あなたが嫌い」という意味です。

何も知らずに渡していたらちょっと後悔しますよね。

マシュマロは口の中ですぐ溶けてしますので、「2人の関係もすぐなくなる」ということになってしまいます。

本命はもちろん義理チョコとしても渡さない方が無難ですね。

ただ、マシュマロの中にチョコレートが入っているものは「純白の愛であなたを包みこむ」という意味があるようです。

スポンサーリンク

まとめ

いつも何気なく選んでいたお菓子ですが、お菓子によって意味があり驚きましたね。

本命に渡すときは手紙や言葉で気持ちを伝えればどんなお菓子でも大丈夫だとは思いますが、せっかく渡すなら誤解をうけないようにしたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

ステキなバレンタインになりますように。

タイトルとURLをコピーしました