会社のバレンタインめんどくさい!上司や同僚にどんな義理チョコを渡せばいい?

イベント・行事
スポンサーリンク

会社で配る義理チョコを正直めんどくさいと思っていませんか?

イベントを楽しみたい人にはいいですが、会社によっては昔からの風習で配らないといけないところもあると思います。

その場合、値段やお菓子の種類でどんなものを選んだらいいか悩みますよね。

せっかく渡すならもらって嬉しいと思われたいので、義理チョコでもきっと喜んでもらえるおすすめのお菓子をご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインがめんどうだと思う理由

女性の意見

・人数が多くて出費がかさむ
・自分だけ渡さないわけにはいかない
・共同購入は参加必須
・嫌いな人にもあげなくてはいけない
・お返しをもらうのも悪い気がする

男性は義理チョコをもらって嬉しいのか?

【嬉しいと思う男性の意見】
・義理でも気を遣ってもらえて嬉しい
・周りに自慢できる
・コミュニケーションがとれる
・甘い物が好き

【嬉しくないと思う男性の意見】
・お返しを選ぶのが大変
・個別に買うと出費がかさむ
・義務的に配るならナシにしてほしい
・甘い物がきらい

「いつもお世話になっている感謝を込めて贈る」という女性もいますが、「めんどくさい」「時間とお金の無駄」と考えている女性が多いのも確かです。

男性に関しては「もらって嬉しい」人もいますが、「もらいたくない」と思っている人も多いです。

その理由は女性と同じように「選ぶのが大変」「お金がかかる」など、お返しが負担になってしまうからですね。

本当はやめたいけど、会社によっては「暗黙のルール」があったり「上司に必ず渡す風習がある」など自分だけ渡さないわけにはいかないという会社もあるでしょう。

そんなときはコミュニケーションがとれて仕事にもいい影響がでる!と前向きにとらえていきましょう。

スポンサーリンク

会社の上司・同僚へのバレンタインの相場

会社の上司・同僚に渡すバレンタインの相場は「500円~1,000円」という人が多数です。

次に多いのが「500円未満」、その次は「1,000円以上」の傾向があります。

「1,000円以上」は自分も負担ですが、お返しも負担になるので避けた方がいいでしょう。

どんなバレンタインチョコを選べばいい?

ブランド重視には高級チョコレート

ゴディバ

誰もが知っている有名なゴディバ。

バレンタインの定番ですが、年配の管理職の上司やブランド重視の男性にはぴったりの高級チョコレートです。

ダロワイヨ

マカロンで有名なダロワイヨ。

チョコレートとマカロンの食べ比べができる「ショコラマカロン詰め合わせ」ギフトがあります。

印象に残るチョコで他の人と差をつけたい人におすすめです。

チョコ好きには生チョコレート

ロイズ「生チョコレート」

北海道でヨーロッパに負けないチョコレートを作りたいとの想いで創業したロイズ。

ロイズの生チョコレートはなめらかな口どけと優しい風味で、北海道土産としても人気があります。

 伊藤久右衛門「宇治抹茶生ちょこれーと」

伊藤久右衛門の茶づくりは江戸後期に始まり、品質にこだわり丁寧につくられています。

宇治茶の魅力を伝えるためにスイーツ商品も販売され、宇治茶のおいしさを味わえます。

抹茶のほろ苦さと甘くとろけるチョコがやみつきになります。

カジュアルさがある斬新なチョコレート

もち吉「あられクランチチョコ」

カリッと新食感が楽しめるもち吉の「あられクランチチョコ」

香ばしいあられと甘いチョコがマッチして絶妙なおいしさです。

ロイズ「ポテトチップチョコレート」

ポテトチップの塩味と甘いチョコの組み合わせが斬新で、一回食べるとやみつきになります。

ポテトチップとチョコが好きな人にはたまらないですよ。

まとめ

会社で配る義理チョコは準備がめんどくさいですが、会社での人間関係を円滑にするイベントでもあります。

商品選びは大変ですが、どうせ渡すならおいしくて印象に残るようなものを贈るのがベストです。

ぜひ今回のおすすめ商品を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました