どんど焼きの期間はいつから?焼くものは何?お飾りを忘れたらどうする?

スポンサーリンク

お正月飾りのしめ縄や門松は「どんど焼き」でお焚き上げしてもらいますが、それにはどんな意味があるのでしょうか?

地域によって呼び方が違ったり、焼くものにも違いがある伝統行事ですが、どんど焼きの意味や行われる期間、燃やしていいものについてご紹介します。

スポンサーリンク

どんど焼きの意味

どんど焼きはわらや竹でやぐらを作り、門松やしめ飾りなどと一緒に燃やします。

お正月飾りを焼くことによって、お正月飾りで出迎えた歳神様を炎とともに見送り、無病息災と五穀豊穣、家内安全を祈る火祭り行事です。

歳神様とはお正月に家にやってきて、その家に幸せをもたらす神様です。

お正月の縁起物を燃やすのが一般的ですが、地域によってはさまざまな言い伝えもあるんですよ。

・書初めの紙が高く舞い上がると習字が上達する

・歳神様を送る火なので若返りの効果がある

・どんど焼きの灰を家の周りにまくと魔除けになる

・どんど焼きで焼いたお餅や団子を食べると健康に過ごせる

お正月の毎年恒例の行事として参加している人も多いですよね。

スポンサーリンク

どんど焼きの期間はいつからいつまで?

どんど焼きは小正月の1月15日に行われます。

旧暦ではこの日が1年の最初の満月の日にあたり、おめでたい日とされていました。
以前は1月15日は「成人の日」で祝日でしたが、成人の日が1月の第2月曜日に変更されてからは、1月15日前後の土日に行われることが多くなっています。

地域や神社によっても行う日は違ってきます。

どんど焼きの名前の由来は?

どうして「どんど焼き」という名前がついたのか不思議ですよね。

語源については諸説あるといわれています。

・竹を燃やしたときの「どんっ」という弾ける音からついた。

・火祭りの間「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てていたのがなまった。

・火が「どんどん」燃える様子から「どんど」になった。

また、どんど焼きは地域によって呼び方が違ってくるんですよ。

どんど焼きの名前の呼び方

全国で行われているどんど焼きですが地域によって呼び方に違いがあるんですよ。

・どんと焼き(東北)
・道祖神祭(関東・甲信越)
・左義長(近畿・北陸)
・とんど焼き(近畿・中国)
・鬼火たき(九州)

これは一例で他にもまだ呼び方はありますが、お正月飾りを燃やして1年の健康や幸せを祈願するのはどこも共通しています。

自分の住んでいる地域の呼び方を調べてみるのもおもしろそうですね。

どんど焼きで焼くものは?

どんど焼きで焼いていいものとわるいものがあります。

【焼いていいもの】
  • お正月飾り
  • お札・破魔矢
  • おみくじ
  • 書初め

その他にも
・だるま
・人形
・ご祝儀の熨斗袋

などがありますが、燃やせるものについては地域や神社によってルールがあるので、燃やす前に確認してから行ってくださいね。

また、お正月飾りについているプラスチックやビニール類を外さずにそのまま燃やしてしまうとダイオキシンを発生させる恐れがあるため、燃やす前に取り外しておく必要があります。

どんど焼きで焼く食べ物は?

どんど焼きのときに焼いて食べる食べ物は団子や餅が一般的で、丸くした団子や餅を木にさして焼きます。

地域によってはスルメや昆布、みかん、マシュマロを焼くところもありさまざまです。

どんど焼きで焼いたものを食べると1年間健康で過ごせると言われているので、無病息災を祈りながらいただきたいものです。

どんど焼きでお飾りを忘れた場合は?

どんど焼きにお正月飾りを持っていくのを忘れてしまった、予定があって行けなかった場合どのように処分したらよいのでしょうか?

1.神社に納める

神社によっては「古札入れ」があり、その中にお札やお守り、破魔矢を入れるとお清めした後にお焚き上げしてもらえます。
納めるときにはそのまま入れるのではなく、半紙に包んで入れるといいですよ。

ただ、お店で購入した門松やしめ縄などは納めることができない場合が多いので、神社に確認してみてください。

2.自分で処分する

自分で処分する場合はお清めしてから処分するのがベストです。

新聞紙などの上にお正月飾りを置いて、塩を振ります。敷いたものでお飾りをくるみ、他のゴミと混ぜずに新しいゴミ袋に入れます。お清めはただするだけでなく、歳神様に感謝の気持ちを込めて行うことが大切です。

まとめ

どんど焼きはお正月飾りを燃やすだけでなく、1年の健康や家内安全を祈る伝統的な行事です。

最近では煙や匂いなどの点から行われないこともありますが、調べてみると近くの地域でやっていることもありますので、ぜひ参加してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました