ボンボローニはお取り寄せできる?ドーナツやマラサダとの違いは?

スポンサーリンク

マリトッツォの次にくると言われている「ボンボローニ」。

イタリアの伝統菓子なんですが、揚げた生地の中にクリームがたっぷり入っていてとてもおいしそう!

ボンボローニを販売しているお店はまだ多くありませんが、お取り寄せはできるのか、どこで購入できるのか気になりますよね。

また、一見似ているドーナツやマラサダとの違いについてもご紹介します。

スポンサーリンク

ボンボローニはお取り寄せできる?

ボンボローニはイタリア・トスカーナ地方の郷土菓子です。

砂糖をまぶした揚げパンの中に、カスタードクリームやチョコレートクリームをたっぷりと詰めたものです。

揚げパンなので、パン屋さんやイタリアの洋菓子店で販売されているのですが、まだ販売しているお店は少ないようです。

となれば、お店を探しまわるより、お取り寄せして楽に手に入れたいですよね。

楽天でイタリアンシェフ監修の「ボンボローニ食べ比べセット」3種6個入りが販売されていますよ。

クリームの味は、

・マスカルポーネ
・チョコ
・カスタード

の3種類!

冷凍便でのお届けで、賞味期限は冷凍で60日。

冷凍庫で保存しておけば食べたいときに食べられて便利ですよね。

イタリアでは朝食やおやつの定番なのだそうで、ちょっと小腹が空いたときや忙しい朝に簡単に食べられていいですよね。

ボンボローニ食べ比べセット【楽天市場】⇓

スポンサーリンク

ボンボローニはスタバで食べられる

「スターバックス リザーブストア 銀座マロニエ通り」では、ボンボローニを食べることができます。

1階のイタリアンベーカリー「プリンチ」ではイタリア伝統菓子やパンなどが販売されていて、どれもおいしそう。

ボンボローニの種類は、

・ボンボローニ クレマ

・ボンボローニ ティラミス

・ボンボローニ ランポーネ&ホワイトチョコラート

店舗のフライヤーで揚げた後、1つ1つクリームを加えて作っているんですよ。

クレマは定番のカスタードクリーム、ランポーネ&ホワイトチョコラートは甘酸っぱいラズベリーソースと甘さ控えめなホワイトチョコレートの組み合わせでペロっと食べられちゃうおいしさです。

ボンボローニはコンビニで買える

2022年6月14日にファミリーマートでボンボローニが販売されました。

ふっくらとしたドーナツ生地の中に北海道産牛乳と卵を使用したカスタードホイップがたっぷり入っています。

これはクリーム好きにはたまらないですね。

カスタードホイップはゆるめのトロトロで、バニラビーンズがはいっているのでまろやかで香りよし。

揚げたドーナツ生地にまぶされた砂糖、そしてカスタードホイップ、となると食べると重いのでは?と気になりますが、意外としつこさがなく、ペロっと食べれちゃうようです。

さらに冷やして食べるとより美味しいとの声もあります!

ただ、カロリーは398kcalなので、朝食代わりに食べたり、早い時間のおやつに食べるのがよさそうですね。

ボンボローニとドーナツ、マラサダの違い

ボンボローニ、ドーナツ、マラサダ、どれも油で揚げていて見た目がそっくりですが、それぞれに違いがあるのか見ていきましょう。

ボンボローニとドーナツの違い

ボンボローニの生地はふわっとした口当たりが軽い食感が特徴ですが、それは生地を発酵させて作っているからなんです。

生地作りの際にイースト菌やドライイーストを入れて、時間をおいて発酵させるので口当たりがふわふわになります。

それに対して、ドーナツは発酵させて作ることは少ないため、生地に食べ応えがあり、ぎゅっと詰まったような食感ですよね。

また、ボンボローニの本場・イタリアのレシピでは卵を使わないそうなのですが、ドーナツは卵を使いますのでその点も違いがありますね。

ただ、日本のボンボローニのレシピを見ると、卵を使っているものが多いので、作る人やお店によってもさまざまです。

ボンボローニとマラサダの違い

ハワイの定番スイーツであるマラサダも生地を発酵させて作り、油で揚げた後にグラニュー糖をまぶしているので、見た目はボンボローニと似ています。

しかし唯一違う点は、中にクリームが入っていないこと。

基本的にマラサダは中にクリームが入っていないお菓子です。

クリームが入っていない分、ふんわりと優しい生地を味わうのですが、揚げたてで温かいうちに食べるのがポイント!

ボンボローニはクリームが入っているので冷やして食べてもおいしいですが、マラサダは出来たてアツアツのうちに食べるのがいいですよ。

まとめ

ボンボローニのふわっと軽い食感の生地と中のクリームの組み合わせは甘い物好きにはたまりませんね。

お店によっていろいろな種類がありますし、ドーナツやマラサダと味や食感の違いを食べ比べしてみるのもおもしろそうですね。

お取り寄せして食べられますので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました