大寒に食べると縁起がいいものは?大寒卵で金運をあげよう!

スポンサーリンク

大寒は1年の内で最も寒い時期になり、雪が降ったり最低気温を更新したりと寒さのピークが訪れます。

そんな大寒の日に食べると縁起がよいとされるものがあります。

そのパワーフードを食べると「健康に過ごせる」「金運が上がる」といわれているんですよ。

どんな食べ物なのか、なぜ縁起がよいといわれているのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

大寒に食べると縁起がいい食べ物

「大寒」に食べるとよいものは「卵」です。

卵といってもただの卵ではなく、「大寒」に産まれた卵です。

2022年の大寒は1月20日(木)になります。

大寒卵を食べると1年が「健康に過ごせる」「金運が上昇する」といわれています。

その理由は、大寒は1年で最も寒い日であり、通常寒くなると鶏は産卵数が減ってしまいますが、その寒さに耐えてエネルギーを使って産まれた卵には栄養価が高く貴重な卵とされています。

また風水では卵はもともと金運アップ食材でもあるのですが、大寒卵はパワーが凝縮された卵で黄身の色も通常の卵よりも色濃く鮮やかなため縁起物とされています。

風水では卵を生で食べるのが一番よいとされていますが、生卵が苦手であれば火を通しておいしく食べることができればそれでもOKなんですよ。

スポンサーリンク

大寒卵はどこで買える?

大寒卵を確実にゲットするにはどうしたらよいのでしょうか?

①直売所で買う

近所に卵の直売所があれば、そこで朝採れの卵を購入すれば間違いないですね。

鶏は午前中に産卵するので、買いに行く時間は午後がいいと思いますが、遅すぎると売れ切れになっている可能性もあります。

事前に何時頃行ったらよいのか確認しておくといいですね。

②ネット通販で買う

ネットでも新鮮な大寒卵を買うことができます。生産者がこだわって作っている卵は味も栄養価も抜群です。

⇓【大寒卵】味宝卵


しっかりとした濃い黄身で、卵独特の臭さもなく口当たりが滑らかな卵なんですよ。

これなら卵かけご飯が苦手な人でもトライしてみたくなりますよね。スーパーの卵とはひと味違ったおいしさを食べてみてくださいね。

大寒卵で金運をあげる食べ方

風水で卵は「生まれる」ことからお金を生み出すとされ、黄身の黄色は金運を呼ぶとされています。

卵は1日1個は食べたほうがいいと聞いたことがありますが、せっかく食べるなら1日の運気をあげるために朝食に食べたほうがいいですね。

卵だけで食べるなら卵かけごはんや目玉焼き、玉子焼きがシンプルでよく食べているという人も多いのではないでしょうか。

卵だけで食べるほかにも他の金運アップ食材と組み合わせて食べることでよりパワーを得ることができますよ。

①鶏肉
鶏肉にはお金を呼び込む力があります。
卵を組み合わせた料理として「親子丼」や「ピカタ」がありますね。

②牛肉
③カレー

牛肉には貯蓄を増やす力があります。そして黄色のスパイスが使われているカレーも金運にいいので、「ビーフカレー」や「チキンカレー」に目玉焼きや生卵をのせて食べるとおすすめです。

④乳製品
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品も金運アップ食材です。

乳製品と卵を使って作るプリンやシュークリーム、チーズケーキなど甘い物が好きな人には嬉しいですね。

⑤豆類・豆腐
豆類や豆腐はマメに働くことから貯蓄を増やしてくれ、愛情や絆を深めてくれるパワーもあるのだそう。

「ゴーヤチャンプルー」は豆腐と卵を使いますし、納豆卵かけごはんも豆類と卵を同時に食べることができますね。

卵と組み合わせて食べることでよりパワーをつけることができる、そして栄養もとれて健康にいいので一石二鳥ですね。

まとめ

大寒の日に食べるとよいものは「大寒に産まれた卵」です。

1年に1回の機会に「健康に過ごせる」ことや「金運アップ」を願いながら食べるのもいいですね。

願いだけでなく、大寒卵は味もとってもおいしいので卵料理を堪能するだけでも幸せな気持ちになれそうです。

タイトルとURLをコピーしました