リビング階段にカーテンはださい?我が家はパタパタカーテンをつけてみた!

暮らし
スポンサーリンク

我が家はリビング階段なんですが、リビング階段って本当に寒いですよね。

2階から冷気がどんどん降りてきて、リビングに暖房をつけてもあまり暖かくなりません。

エアコンの性能が悪いのかと疑いもしましたが、リビング階段からの冷気がやっぱり影響しているのではないかと思い、カーテンでシャットダウンする対策をとりました。

どんなタイプのカーテンを選んで付けたのか、実際にその効果どうなのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

リビング階段にカーテンはださい?

リビング階段からの冷気を防ぐのに簡単な対策は「カーテンを付けること」です。

カーテンといっても色々な種類があり、部屋に付けるような一般的なカーテンやロールカーテン、のれんなどがあります。

どれを付けるかは個人の好みや間取りにもよりますが、部屋の目立つ位置にリビング階段があるとカーテンが部屋になじむのか、仕切りとしてカーテンを使うことに違和感がないか気になりますよね。

個人的には一般的な窓に付ける⇓のようなカーテンはちょっと抵抗がありました。

窓ではないところにカーテンがあって何か不自然?う~ん、色や柄選びも難しい…。

一方で、ロールカーテンは見た目がすっきりしていいのですが、階段を通るたびに上げ下げするのがなんか大変そう。急いでいるときや子どもがちゃんと上げ下げできるかも心配でした。

そこで行き着いたのが「パタパタカーテン」(アコーディオンカーテン)です。

スポンサーリンク

リビング階段にはパタパタカーテンに決めた!

パタパタカーテンは折り目がついていてパタパタと折りたためるカーテンです。

私が購入したのは「パタパタカーテン プレミアム(高密度生地)」です。

間仕切りとして使え、リビング階段の冷気や暖気を遮断するのに向いているんですよ。

折り目がついているので普通のカーテンよりは見た目がスッキリしていて、開けっぱなしにしておきたいときはパタパタたたんで端に寄せておけばスッキリします。

半分開けた状態はこんな感じです。折り目がきれいでもたついた感じがしません。

パタパタカーテンははさみで切って長さ調節ができるため、付ける場所の長さを測ってその長さ以上の丈があれば、あとは自分で簡単に調節できるのでいいですよ。

⇑この状態は一度はさみで切った後です。
切りすぎて床とカーテンの間に隙間ができると嫌だったので長めに切ってみました。

ちょっと長いのでもう少しカットしたほうがよさそうですね。はさみで切っても生地がほつれていないのが嬉しいです。

パタパタカーテンを実際に使った感想

パタパタカーテンを付ける前は布をのれんのようにして付けていたのですが、生地が薄く壁や床との間に隙間があったのでそこから冷気がスースーきていました。

パタパタカーテンも隙間なくぴったり壁に付けるのは難しいですが、以前に比べればだいぶ改善され冷気を感じにくくなりました。

パタパタカーテンを境にして、階段側とリビング側では体感温度が全然違います!

階段を通るときもサッと開けられますし(ちゃんと閉めるひと手間は必要ですが)、突っ張り棒で簡単に取り付けられるのもよかったです。

色は3色あるので、壁やリビングになじむ色を選ぶのもいいですね。

まとめ

リビング階段の寒さに悩んでいる人に「パタパタカーテン」をおすすめしたいです。

見た目も大切だけど、使い勝手も重視したい、そんな希望を叶えてくれるアイテムです。

あるのとないのではリビングの暖かさが違いますし、2階からの冷気がだいぶ遮断されて「もっと早くからつけていればよかった。」と思えるはずですよ。

タイトルとURLをコピーしました