カッサータ、セミフレッド、カタラーナの違いは?お取り寄せはできる?

スポンサーリンク

カッサータ、セミフレッド、カタラーナ、聞きなれないスイーツがどんどん新たにでてきますよね。

スイーツに詳しい人なら知っているでしょうけど、スイーツショップやコンビニのスイーツ売り場もあまり見ないとどんなスイーツがあるのかよく分かりませんよね。

そこでSNS映えする人気のスイーツ、カッサータ・セミフレッド・カタラーナがどんなスイーツで、どんな違いがあるのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

カッサータとは?

カッサータとはイタリア・シチリア島発祥のアイスケーキです。

リコッタチーズを使ったクリームにドライフルーツやナッツ、砂糖漬けのフルーツを混ぜて冷やし固めたデザートです。

見た目がとってもきれいでおもてなしにもふさわしいですよね。

本場と同じ味わいを楽しみたいならリコッタチーズを使うのがよいですが、日本の一般的なスーパーでは置いていない場合もあります。

デパ地下のチーズコーナーや輸入食品を扱っているお店だと販売している可能性が高いです。

もしリコッタチーズが手に入らない場合は、カッテージチーズやクリームチーズ、しっかりと水切りしたヨーグルトなどでも代用できます。

カッテージチーズを使うとよりあっさりとしてレアチーズケーキのような味になりますし、クリームチーズを使うと濃厚な味わいになります。

カロリーを気にする人はヨーグルトで低カロリーに仕上げるのもいいですね。

カッサータの作り方

カッサータの作り方はとっても簡単です。

チーズの種類や中に入れるトッピングを変えればバリエーションも増えて、さまざまな味がたのしめますね。

【基本的な作り方】
1.生クリームに砂糖を入れて、角が立つくらいに泡立てる。

2.リコッタチーズをなめらかになるまで混ぜ、お好みのトッピングを入れる。

3.2の中に1を入れて、生地が均一になるように混ぜる。

4.パウンド型にラップを敷いて3を流し入れる。上からラップをして冷凍庫で固まるまで冷やす。

5.固まったらお好みのサイズに切り分ける。

ベースにスポンジ生地を使うとよりケーキのような感じになりますし、スポンジなしだとより簡単に作れます。

⇓カッサータ【楽天市場】

手作りはちょっと大変だなという人はお取り寄せもできます。
チーズ好きな人への贈り物としても向いていると思うので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

セミフレッドとは?

イタリアの定番ドルチェにカッサータに似たアイスケーキ「セミフレッド」があります。

イタリア語で「セミ=半分」「フレッド=冷たい」という意味で、半分凍っているアイスとケーキの中間のようなドルチェです。

セミフレッドは泡立てた生クリームにメレンゲを合わせて作ります。空気を多く含んでいるので冷凍しても固くなりすぎず、食べたときの口どけも 軽やかです。

カッサータと同じようにお好みのフルーツやナッツ、ジャムなどを混ぜて作れば、カラフルになりアレンジを効かせることができますよ。

セミフレッドの作り方

セミフレッドも型に作って冷凍しておけば、食べたいときに食べたい分だけ切り分けられるので便利ですよ。

【基本的な作り方】
1.卵白に砂糖を入れて角が立つまで泡立て、メレンゲを作る。

2.卵黄に砂糖を入れて白っぽくなるまで泡立てる

3.生クリームを8分立ての硬さに泡立てる。

4.メレンゲ、卵黄、生クリーム、お好みのトッピングをざっくりと混ぜ合わせる。

5.型に流して、冷やし固める。

スイーツ作りはいろいろな材料が必要だったりしますが、セミフレッドはシンプルな材料なのでハンドミキサーがあれば簡単にできそうですよね。

季節のフルーツを使うと彩りがよく、季節を感じられるデザートになっておもてなしにも最適です。

カタラーナとは?

カッサータと似た名前のスイーツに「カタラーナ」があります。

カッサータはイタリア発祥でしたが、カタラーナはスペイン・カタルーニャ地方発祥の伝統的スイーツです。

正式名称は「クレマ・カタラーナ」でスペイン語で「クレマ=クリーム」と「地名のカタルーニャ」が合わさったものです。
クレームブリュレの原型とも言われてるんですよ。

カタラーナは牛乳又は生クリーム、卵、砂糖、小麦粉、柑橘類などを使って作られています。

カスタード生地を型に入れて冷蔵庫や冷凍庫で冷やし、食べる直前に砂糖をふってバーナーであぶり、カリカリのカラメルで香ばしさを出します。

ほろ苦いカラメルとアイスプリンのような甘さのカスタードクリームの組み合わせがおいしいんですよ。

⇓花畑牧場 自家製カタラーナ【楽天市場】

カタラーナとクレームブリュレの違い

カタラーナとクレームブリュレは見た目が似ていますが、クレームブリュレはフランス発祥のスイーツで、フランス語で「焦がしたクリーム」を意味します。

この2つは使用する材料と作り方に違いがあります。

カタラーナが牛乳や小麦粉、柑橘類を使用しているのに対して、クレームブリュレは牛乳、生クリーム、卵黄、砂糖で作られて粉類は使用しません。

またクレームブリュレは耐熱容器に入れてオーブンで蒸し焼きにしますが、カタナーラはオーブンは使いません。

食べ方はクレームブリュレはなめらかな仕上がりなので容器のまま食べますが、カタラーナはしっかりしているためカットして食べることが多いです。

このように材料や作り方に違いがあるので別のデザートになるのですが、クレームブリュレを凍らせたのがカタラーナなのかな?と思ってしまうほど似ているので勘違いしてしまいそうですね。

まとめ

カッサータとセミフレッドの違い、カッサータとカタラーナの違い、カタラーナとクレームブリュレの違いをまとめてみました。

本場のものを1度は現地で食べてみたいですが、どのデザートも自分流にアレンジして作れるものなので、いろいろと試して作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました