サガリは北海道だけの呼び方?どこの肉の部位?カロリーや食べ方は

スポンサーリンク

北海道で「サガリ」と呼ばれているのは、「ハラミ」のことなんですよ。

サガリもハラミも横隔膜の筋肉ですが、厳密にいえば違う部分であるものの、地域によってその呼び方は「サガリ」と呼ばれたり、「ハラミ」と呼ばれたりしています。

そこで、サガリとはどんなお肉なのか、サガリとハラミはどう違うのか、地域によってどう呼ばれているのか、についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

サガリは牛のどこの部位?

「サガリ」とは、牛の横隔膜の筋肉の腰椎側についている部分です。

見た目は赤身の牛肉のようですが、内臓肉(ホルモン)に分類されていて、牛1頭から1kgしかとれない希少部位なのです。

サシが少なく柔らかい肉質が特徴で、ホルモン独特のクセもなく、他の部位と比べてもヘルシーなため女性にも人気がある部位なのです。

サガリという名は、横隔膜にぶら下がっていることからつけられたのだそう。

牛肉のサガリ以外にも豚肉にもサガリがあり、豚1頭から200~300gほどしかとれません。

豚のサガリは傷みやすいので、どのお店でも提供されているわけではないので、貴重な部位になります。

スポンサーリンク

サガリとハラミの違い

サガリとハラミは同じ横隔膜の筋肉ですが、横隔膜の腰椎側の肉厚な部分がサガリ、背中側の薄い部分がハラミになります。

なので見た目や味わいが似ていて、どちらも柔らかくてあっさりとしていて食べやすいです。

食べ比べてみると、ハラミの方が脂量が多く、脂の甘みを感じることができ、サガリの方が脂量が少なくあっさりと食べられます。

カロリーを比べてみると、サガリは100gあたり283kcalで、ハラミは342kcal。

牛カルビ371kcalや牛タン356kcalに比べると低カロリーで食べやすいので、ついつい食べ過ぎないように気をつけないといけませんね。

北海道ではハラミをサガリと呼ぶ?

「サガリ」と聞いても何のことかピンとこない人もいるかと思います。

地域によってサガリとハラミをちゃんと分けて呼ぶ地域もあれば、サガリのこともハラミとして呼ぶ地域もあったりといろいろです。

地域によってどのように呼ばれているのか見てみると、

〇北海道

サガリのことも、ハラミのことも「サガリ」と呼ぶ。

〇本州

サガリのことも、ハラミのことも「ハラミ」と呼ぶ。

〇九州

サガリは「サガリ」、ハラミは「ハラミ」と呼ぶ。

地域によって、横隔膜の筋肉部全部をまとめて「サガリ」または「ハラミ」と呼ぶところもあれば、ちゃんと使い分けて呼ぶところもあるようですね。

サガリとハラミは、厳密には違うけどほぼ同じ部位だと思っておけば、旅行先などで戸惑わずにすみますね。

サガリはどこで買える?

あっさりとしていてヘルシーなサガリは、お家でのごはんやBBQでも楽しみたいですよね。

手軽に購入できればよいのですが、希少部位なため、近所のスーパーでは販売されていないこともあります。

そんなときは、お肉屋さんにいってみたり、ネットで購入してみてくださいね。

牛ハラミ焼肉(サガリ)【楽天市場】⇓

サガリの焼き方や食べ方

サガリは内臓肉なので、レアのように生焼けで食べると食中毒の危険があります。

表面が焼けたから大丈夫と思わずに、中までしっかりと焼いて火を通しましょう。

サガリは焼くと肉汁があふれてくるので、焦げ目がつくぐらい焼く「焦がし焼き」をすると、香ばしさや旨味がアップしてよりおいしくなりますよ。

焦げ目がついたジューシーなサガリは、タレをつけて食べればご飯がすすむのはもちろん、塩をかけてシンプルに味わうのもよし。

違った味わいを楽しみたいのなら、両方試してみるのがおすすめですよ。

もちろん焼肉以外にも、炒め物や煮込み料理にも合うので、いろいろなレシピに使って味わってみてください。

まとめ

北海道で呼ばれているサガリとは、横隔膜の筋肉のことで、ハラミとほぼ同じところにある部位です。

そのため、サガリのことをハラミという地域もあれば、ハラミのことをサガリという地域もあります。

柔らかくてジューシーかつヘルシーなので、ぜひ食べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました