絵文字のハートの色には意味がある?異性に送ると勘違いされる?

暮らし
スポンサーリンク

何気なく使う絵文字のハート。

いろいろな色があり、その時の気分でなんとなく選んでいる人も多いと思いますが、実はハートの色には意味があるんですよ。

自分が使うときに内容とあった色を使うのも楽しいですし、受け取った側がハートの色の意味に詳しくて変に誤解をされないためにも知っていると役立ちますよ。

ハートの色の意味や異性にハートマークを使うことについてまとめています。

スポンサーリンク

ハートの色の意味

赤色のハート

赤いハートは「愛している」という意味があります。

「真実の愛」「情熱の愛」を表現するため、本命の人や彼氏に対して使う人が多く、かわいらしいピンクよりも本気度が増しています。

ピンク色のハート

ピンク色のハートは「かわいいね」という意味があります。

「かわいいね」と伝えるときやかわいらしさを出したいときに使います。
赤色が「愛」ならピンク色は「恋」を連想させるので、ちょっと気になる人に送ってさりげなくアピールするのもいいですね。

オレンジ色のハート

オレンジ色には「好きだよ」という意味があります。

ただ、赤やピンクの「LOVE」とは違って、友達として好きだよという「LIKE」のほうになるので、恋愛感情のない異性に対して使いやすいです。

黄色のハート

黄色のハートは「ユニーク」という意味があります。

黄色は「明るい・希望・ひらめき」といったイメージがあるので、明るく楽しい気持ちにさせてくれる「友情」を表します。

緑色のハート

緑色のハートは「新しい出会い・おもしろさ」の意味があります。

新たな友情に対して使われますが、反対に「相手のことがうらやましい」といった嫉妬の気持ちを表現することもあります。

青色のハート

青色のハートは「揺るぎない愛、信頼」の意味があります。

恋愛だけでなく、家族や友人に対する「深い信頼」「確かな友情」を表現しています。

紫色のハート

紫色のハートは「優しいね」という意味があります。

紫色は神秘的・優雅といったイメージがあるので「ロマンティックな愛」という意味もあり、恋人同士で使うのにはいいですね。

茶色のハート

茶色のハートは「親友だよ」という意味があります。

茶色は落ち着き・温和・上品といったイメージがあるので、落ち着いた関係の人に使われます。

白色のハート

白色のハートは「好きだったよ」という意味があります。

「です」ではなく「だった」と過去形なので、終わりであることを表しています。

黒色のハート

黒色のハートは「嫌いだよ」という意味があります。

本当に嫌いなときに使うこともあれば、仲が良いからこそブラックジョークとして使うこともあります。

スポンサーリンク

ハートの色の意味が韓国では違う?

白色のハートは終わりを表す「好きだったよ」で、黒色のハートは「嫌いだよ」でしたよね。

でも韓国ではそれとは違った意味があるのです。

白のハート♡は中がスカスカしているので「空っぽの愛情」であり、黒のハート♥は中がつまっているので「たっぷりの愛情」なんですって。

なので、「愛してる♡♡」より「愛してる♥♥」のほうが愛情が込められていてラブラブということですね。

日本だとあまり意味を考えずに「予測変換ででてきた」「色なしでもいいかな~」という感じで適当に使う人も多いので、メールの内容で相手の気持ちを察するほうがいいですね。

ハートの絵文字は異性に使ってもよい?

彼氏ではない異性にハートの絵文字を送るのは送る側と送られた側でどう思っているのでしょうか?

送る側としては、

・勘違いされると困るので本命にしか送らない

・お願いごとをするときに「頼っている感」を出したいから使う

・メッセージがかわいらしくなるから使っているだけ

・特に深い意味はなく誰にでも送っている

恋愛感情があると勘違いされると困るので本命や気になる人にしか送らないという人もいれば、ハートは単なるマークであり特別な意味はなく可愛いから使っているだけという人もいます。

一方、送られた側としては、

・友達とも気軽に送りあっているから特に気にしない

・好きな人からだったら少し期待してしまう

・嫌いな人からだったら気持ち悪いと思ってしまう

自分もよく使う人はハートだからといって特別に意識することはないようです。

しかし人によっては自分が好きな人か嫌いな人かによって受け取り方が違ってくるので、単なる友達や知り合い程度の人には送らないほうが無難ですね。

まとめ

絵文字のハートの色にはいろいろな意味があっておもしろいですね。

とはいえ、ハートの色の意味を知っていて、あえてその色のハートを送ってくる人は少ないと思いますので、ハートの色で一喜一憂する必要はないと思います。

自分が使うときには人によっては誤解したり、マイナスに捉えてしまう場合もあるので、送る相手や文脈によって使い分けるのがベストですね。

タイトルとURLをコピーしました