コウネは広島だけでなぜ食べられている?食べ方や通販可能か知りたい!

食・お取り寄せ
スポンサーリンク

広島のソウルフードで広島名物の「コウネ」とは何のことか知っていますか?

コウネは牛肉なのですが広島では当たり前に食べられている部位なのに、他県ではあまり知られていません。

そのおいしさはやみつきになるほどで、広島で食べたことがある他県民はもう1度食べてみたい!と思うのだそう。

そんな絶品お肉の「コウネ」の特長やおいしい食べ方、広島以外だとどこで食べられるのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

コウネとはどこの部位?

コウネとは牛の肩バラ肉の一部で、前足から脇にかけての肉であり三角バラの下側にある部位です。

広島以外で食べられることは少なく、「コウネ」と言えば「広島」というくらい広島名物として有名です。

赤身と脂が半分ぐらいの肉で、見た目が赤く燃えているように見えることから「炎の肉」とも呼ばれているんですよ。

コウネの特徴
  • 肉質は硬め
  • コラーゲンやゼラチンが多い
  • 噛むほど旨味が出てくる

コウネは1頭から2㎏しか取れない希少部位です。赤身の深い味わいと脂がのっていてしっかりとした食べ応えで、噛めば噛むほど旨味を堪能できます。

なぜ広島以外であまり知られていないのかがはっきりとは分からないのですが、他県ではコウネとして切り分けずに、バラと一緒に切り分けられているらしいのです。

脂が多いのできれいに落としてお店に出そうとするとどんどん小さくなってしまい、手がかかるぶん単価も値上がってしまうようです。

スポンサーリンク

広島でのコウネの食べ方

「焼肉」で食べるのは外せないですよね。コウネは肉質が硬めなので薄くスライスして、さっと焼いて食べます。脂が多いので塩コショウ・レモンで食べるのがおすすめです。

コウネは焼いていると脂がたくさん出てきますが、それを焼き野菜や炒飯などに使えば旨味を逃さずに最後までおいしく食べきることができますよ。

脂身はコリコリとした食感がおもしろく、意外としつこくないので後味がさっぱりしています。

焼肉以外でおすすめな食べ方は「すき焼き」「牛丼」です。

タレが染み込んだ脂身は噛むごとにおいしさを増し、肉の旨味を吸った野菜もより一層おいしくなります。

煮込み料理にも向いていて「ビーフシチュー」「角煮」にも使えるんですよ。

コラーゲンが多いので煮込むことで脂と旨味が出てきて、ソースやタレが深い味わいになります。

コウネは広島以外でも食べられる?

広島の焼肉店や居酒屋では当たり前にメニューとしてありますが、他県ではメニューとして出しているお店はあまりありません。

品揃えのよい精肉店で扱っていることもありますが、スーパーではほとんど販売されていないので広島に行かないとなかなか食べれないのが残念ですよね。

地域によっては「肩バラ」「ブリスケ」「肩カルビ」といった名称で呼ばれていることもあります。

近所の焼肉店で出しているお店もあるかもしれませんが、探すのも結構大変です。

それなら通販で購入して家で食べるのが一番手軽で手っ取り早いかもしれません。

⇓ 極旨 冷凍コウネ 500g


まとめ

広島のソウルフードであるコウネは希少部位であり、広島以外ではなかなか食べられない肉だとわかりました。

脂が多いけど脂っぽくない、1度食べたらやみつきになる味をぜひ味わってみたいです。

通販でお取り寄せもできるので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました