辛いものを食べると痩せる?辛い食べ物のメリット・デメリットとは?

スポンサーリンク

辛いものって美味しいですよね。

口の中でピリリと来る刺激は病みつきになりますし、食べていると汗もダラダラとかいてしまいます。

そんな辛いものですが、食べると痩せるとも言われていますよね。

しかし、実際食べているはずなのに辛いものを食べることで痩せるのでしょうか?

辛い食べ物のメリットやデメリットも知りたいですよね。

ここではそんな辛い食べ物について解説をしていきます。

スポンサーリンク

辛いものを食べると痩せるといわれているのはなぜ?

辛いものって食べると痩せるイメージがありますよね。

しかし、どうして辛いものを食べると痩せるといわれるのでしょうか?

その理由としては以下のことが考えられます。

カプサイシンの効果

辛いものといえば、真っ赤な唐辛子ですよね。

激辛料理にはこの唐辛子がたっぷりと含まれており、病みつきになる辛さになります。

そんな唐辛子にはカプサイシンが含まれています。

このカプサイシンは脂肪燃焼効率を高める効果があり、そのことから痩せると考えている人も多いでしょう。

発汗作用

辛いものを食べると体がポカポカと暖かくなりますよね。

そして汗をダラダラとかくことによって、痩せると考えられます。

しかし、実際辛いものを食べたところで確実に痩せるということはありません。

その理由としては、カプサイシン自体に脂肪を燃焼をさせる効果がないためです。

上記の通りカプサイシンは脂肪燃焼効率を高めます。

つまり、運動などを行って脂肪を減らそうという働きが起きた際に、その効率を高めることができます。

なのでカプサイシン含め、辛いものを食べただけでは当然脂肪は燃焼されません。

というより、カロリーがある以上、食事で食べただけで痩せるものはないんですよね。

また発汗作用もただ体から水分が抜けているので、脂肪を燃焼させているわけではありません。

辛いものを食べるだけで痩せるということはないので注意をしましょう。

辛い食べ物のメリットやデメリットは?

辛い食べ物ですが他にメリットやデメリットはないのでしょうか?

続いて辛い食べ物のメリットやデメリットを紹介していきます。

まずはメリットについてです。

脂肪燃焼効率を高める

まずは辛い食べ物ですが、上記の通り脂肪燃焼効率を高めます。

辛い食べ物だけを食べて痩せることはありませんが、運動などと組み合わせることによって、ダイエット効果を高めることは可能です。

夏バテ防止

暑い時期には辛い食べ物を食べたくなりますよね。

辛い食べ物に含まれるスパイスは食欲を増進させることができ、夏バテを防止する効果があります。

夏だからこそ辛い食べ物をしっかり食べることで、エネルギーをしっかり吸収することができるのですね。

冷え性改善

辛い食べ物を食べることで体に血流が周り体がポカポカと温かくなります。

冷え性の方は一年を通して、お腹や手先が冷えてしまいますよね。

そんな時にも辛い食べ物によって血流を促し、冷え性を改善させる効果があります。

しかし、辛い食べ物にはデメリットももちろんあります。

お腹を壊す

辛い食べ物というのは刺激物です。

辛い食べ物を食べ過ぎることによって胃腸に負担がかかってしまうと、下痢などお腹を壊すことがあります。

カロリーが高い

辛い食べ物ですが油も使われていることが多く、総じてカロリーが高くなりがちです。

なので辛い食べ物の食べ過ぎでオーバーカロリーになって、結局太ってしまうということも十分にあり得ます。

このように辛い食べ物にはメリットデメリットがあるので、それらを理解した上で食べるようにしてくださいね。

そして、せっかく辛いものを食べるならただ辛いのではなく、うま辛いものがいいですよね。

「舞妓はんひぃ~ひぃ~」の一味・七味・ラー油は辛さの中に旨味があって、1度食べるとやみつきになりますよ!

⇓「舞妓はんひぃ~ひぃ~セット」【楽天市場】

まとめ

辛い食べ物を食べると痩せると思いがちですが、実際はそうではありません。

辛い食べ物の代表である唐辛子のカプサイシンは、脂肪燃焼効率を高めるだけで、直接的に脂肪を燃焼させるわけではありません。

また発汗作用も体の水分が抜けているだけですので、脂肪は減っていません。

辛い食べ物にはメリットデメリットがあるので、それらを理解する必要があります。

そしてその上で辛い食べ物を美味しく食べて、健康的に過ごすようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました