浴槽の黒い汚れが落ちない!新品のようにきれいにする方法を実践!

暮らし
スポンサーリンク

最初は白くてピカピカだったお風呂の浴槽。

気が付くと薄黒いラインがぐるっと一周している!なんてことはありませんか?

うちのお風呂も黒ずみラインがついています。

早めに落とさないとどんどん落ちにくくなるだろうなと思い、やっと重い腰をあげて掃除しました。

どうやって浴槽の黒ずみをきれいに落としたのか?

果たしてきれいになったのか?

実際にやってみた黒ずみの落とし方をご紹介しますので、黒ずみが気になっている方は参考にしてください。

スポンサーリンク

浴槽の黒い汚れが落ちないのはなぜ?

ちょっと見えにくいですが、うちの浴槽にも下の画像のような黒い汚れがついて困っていました。

普通に洗剤で洗っても全く落ちません。

黒い汚れの落とし方を調べてみると、クエン酸で落とす方法と重曹で落とす方法がありました。

水垢が原因の場合はクエン酸で落とす

水垢が原因で黒ずんでいる場合、水垢のミネラルはアルカリ性なので、その反対の酸性の性質をもつクエン酸を使うのが効果的です。

【クエン酸で落とす方法】

①水にクエン酸を混ぜてスプレーボトルにいれる

②黒ずみに吹き付ける

③スポンジで軽くこすって流す

皮脂が原因の場合は重曹で落とす

皮脂汚れが原因で黒ずんでいる場合、皮脂汚れや垢は酸性なので、アルカリ性の重曹を使って落とします。

うさぎ
うさぎ

今回、私は重曹でためしてみました。
そのやり方をご紹介します。

用意するもの
  • 重曹
  • 洗面器やボール
  • ラップ
  • スポンジ

①重曹に水を少しずつ入れてよく混ぜて、重曹ペーストをつくる。

黒ずみにつけるので、ゆるすぎるとたれて流れてしまいます。
水加減を調整しながら入れて下さい。

②重曹ペーストを黒ずみにつけて、その上からラップをする。

③1~2時間くらい放置する。

④スポンジでこすって洗う。

⑤シャワーで流す。


これで完了です。
結果はどうなったでしょうか?

ちゃんときれいに落ちました!

見た目がきれいになったのはもちろんのこと、ザラザラしていた表面もつるつるになり気持ちいいです。

こんなに簡単にできるなら、もっと早くしておけばよかったと思っています。

お風呂の洗剤で洗うだけでは落ちないという方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

浴槽の黒ずみの原因はなに?

毎日浴槽を洗っているつもりでもできてしまう黒ずみ。

なぜ黒ずみがついてしまうのでしょうか?

1.水垢が原因

水道水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が含まれています。

このミネラル分が固まって、そこに皮脂やせっけんカスが付着していくと徐々に黒ずんで見えます。

2.皮脂汚れが原因

お風呂につかると体から皮脂が流れていきます。

そのお湯を入れっぱなしにしていたり、洗い方が足りなかったりすると汚れが付着して黒ずんで見えます。

毎日洗っていてもしっかりと汚れが落ちていなかったりすると、黒ずみの原因になってしまうのですね。

まとめ

クエン酸や重曹はドラッグストアや100円ショップで簡単に安く手に入ります。

黒ずみ汚れは初期の段階であれば簡単に落とせる可能性がありますが、長年放っておくとプロの業者さんでないと無理になるかもしれません。

そうならないためにもこまめな掃除、汚れの原因にあった掃除方法できれいさを保てるようにがんばりましょう。

タイトルとURLをコピーしました