カレーのルーが溶けないのはなぜ?上手な溶かし方やコツとは!

スポンサーリンク

カレーのルーが溶けない原因は、鍋の中の温度が100℃以上になっているか、もしくは温度が低すぎるかのどちらかです。

溶けないときは、鍋の火を止めるか、鍋を沸騰させた後80~90℃になった際にルーを入れましょう。

また、カレーのルーを上手に溶かすには、ルーを事前に刻んでおくのもおすすめですよ!

カレーを作るときに、ルーがなかなか溶けないと、美味しく完成しなくて困ってしまいますね…。

でもカレーのルーを十分に溶かす方法がちゃんとあるので、ぜひ実行していきましょう。

今回はそんな、カレーのルーが溶けない原因と、上手く溶かすコツを紹介していきます!

スポンサーリンク

カレーのルーが溶けない原因

カレーのルーが溶けない原因はズバリ、

・カレーの温度が高すぎる

・もしくは低すぎる

このどちらかなので、ちょうど良い温度にしてルーを入れましょう。

実はカレーのルーって、

【鍋の中の温度が100℃以上の場合】

カレーのルーに含まれている小麦粉のでんぷん質が膜を張ってしまい、上手くカレーのルーが溶けずに鍋底やおたまに付着してしまいます。

また反対に、

【鍋の中の温度が79℃以下の場合】

温度が低すぎてしまうので、ルーに程よい熱が加わらずに、溶けない状態になってしまいます。

要するにカレーのルーって、鍋の中の温度が高すぎても、低すぎても、上手く溶けないことがあるんですね。

スポンサーリンク

カレーのルーを入れるタイミングは?

カレーのルーを入れるタイミングは、

・鍋の中が沸騰していたら、火を止めてからルーを入れる

・鍋の中が少し冷えている場合は、沸騰寸前まで加熱してからルーを入れる

このようにすればちゃんと溶けていきますよ!

私も前にカレーを作った時に、鍋の中の温度がすごく高くて、沸騰している状態でルーを入れてしまったので、上手く溶けないで困ったことが何度かありました…。

「温度が高すぎるとカレーのルーが溶けない」なんて知らなかった…

きちんと十分にカレーのルーを溶かすためには、対処法として鍋の中が沸騰している場合なら火を止める、鍋の中の温度が低そうなら、沸騰寸前まで加熱する、ということをすべき。

そうすれば、ルーが溶けない原因にはならないので、カレーのルーをしっかりとよく溶かせるようになるでしょう。

カレールーの上手な溶かし方やコツ!

カレーのルーの溶かし方のコツは、

ルーを入れる前に、包丁で細かく刻んでおくことです!

刻んでおくとルーは素早く、そして上手く鍋の中で、しっかり溶けるようになるので楽ちんですよ。

ただしルーを刻む際、まな板に直接ルーをのせて、包丁で刻んでいくと、まな板にルーの油分や色素が付着し、よーく洗わないとキレイにならないことがあります。

そこで、上手にルーを溶かし、後片付けを手間なくするためにも、

・まな板の上にラップを2枚ほど重ねて敷く

・まな板の上にクッキングシートを敷く

それから、ルーを刻みましょう。

するとカレーのルーを刻んでも、まな板が汚れにくくなるため、ルーをしっかり溶かすことが出来るだけでなく、まな板をゴシゴシ洗わなくても済むようになりますよ!

ルーの溶かし方って、単純にルーを刻めば良い、というワケではないのですね!

私もカレーを作る際は、ルーを細かくしてから入れる、という溶かし方に変えたので、それ以降は、ルーが十分に溶けるようになりましたよ!

もちろんまな板も汚れないように注意しております。

カレーのルーをしっかり溶かすだけではなく、後片付けも手間を省けるのでとても便利ですね。

ちなみにルーの溶かし方としては、やっぱり鍋の温度が高すぎたり低すぎたりしてはいけないので、ルーを刻んだ場合でも、80~90℃くらいの温度の鍋に入れましょう。

ルーを刻むことと、温度調節をすれば、ルーはとても簡単に溶けるので、カレーも失敗なく、美味しく仕上げることが出来ますよ!

今後はあなたもカレーを作る際は、ルーを刻んで入れる、という溶かし方を試していってくださいね!

☆函館・五島軒の極上ほぐし肉カレー【楽天市場】

まとめ

カレーのルーが溶けない原因は、鍋の温度が高すぎて、ルーに含まれるでんぷん質が膜を張ってしまったか、温度が低すぎて上手く溶けきれないかのどちらか。

対処法としては、鍋の火を止めるか、鍋を沸騰寸前まで加熱して、80~90℃にしてから、ルーを溶かしていきましょうね。

またルーをよりしっかりと溶けやすくするには、ルーを刻んでから鍋の中に入れることなので、ぜひ今後はルーを刻んで入れるように心掛けてくださいませ!

美味しいカレーがちゃんと作れるようになりますよ!

タイトルとURLをコピーしました