カリフラワーライスダイエットは効果がある?まずいときは白米と混ぜるべし!

スポンサーリンク

カリフラワーライスとはカリフラワーを細かくしてごはんの代わりにしたものです。

ごはんの代わりにカリフラワーライスを食べることで、糖質を抑えることができるので、ダイエット中の方にはおすすめの食材です。

痩せる効果だけでなく、カリフラワーの栄養素による美肌効果や腸内環境の改善なども期待できるんですよ。

そこで、カリフラワーライスは痩せる効果が期待できるのか、痩せるために失敗しない食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カリフラワーライスダイエットで痩せたって本当?その効果は?

SNSでは「カリフラワーライスを食べ続けたら痩せた」という人が結構いますよね。

正しいやり方でカリフラワーライスダイエットを行えば、痩せるのも難しくはないかもしれません。

なんといってもカリフラワーライスは低糖質なので、ダイエット中でも我慢せずに食べられます。

白米(100g)とのカロリーや糖質を比べてみても、カリフラワーライスのほうがカロリー・糖質ともに大幅カットされています。

カロリー糖 質
白米156kcal35.6g
カリフラワーライス26kcal1.9g

カリフラワーライスは主食に置き換えて食べると、カロリーや糖質は抑えてるけど満腹感は得られるというメリットがあります。

そして、カリフラワーは栄養価が高いので他にもうれしい効果が期待できるんですよ。

⇓カリフラワーライス【楽天市場】

むくみ解消

カリフラワーにはカリウムが多く含まれています。

カリウムは利尿作用により体内の余分な水分を排出してむくみを解消してくれます。

また、ナトリウムを排出して血圧を正常に保つ働きもあり、高血圧予防にも効果があります。

美肌効果

カリフラワーにはビタミンCが豊富に含まれています。

含有量はなんとキャベツの約2倍。

野菜は茹でるとビタミンCが流れ出てしまうのですが、カリフラワーは茹でてもビタミンCがあまり減らないんですよ。

ビタミンCはシミやシワを防ぎ、ストレスから体を守る働きをします。また、抗酸化作用があるので、老化や動脈硬化の予防にもなります。

食物繊維

カリフラワーには食物繊維も多く含まれています。

便秘の解消や腸内環境を整え、血糖値の急上昇を抑える効果があります。

糖質の摂取によって血糖値が急上昇するとインスリンが分泌されて、消費されずに余った糖質を脂肪に変えてしまいます。

そのため脂肪が溜まってしまい太りやすくなってしまうので、血糖値は急上昇させずに緩やかに上昇したほうがいいのです。

スポンサーリンク

カリフラワーライスダイエットの失敗しないやり方は?

ダイエットはただ痩せればいいというものではありませんよね。

無理してがんばれば成果はでるかもしれないけど、我慢した分リバウンドしたり健康面で問題がでては意味がありません。

そこで、カリフラワーライスダイエットで無理なく痩せるためのやり方をご紹介します。

1日1食置き換える

3食のうち1食を白米からカリフラワーライスに置き換えます。
それだけでカロリーオフ、糖質オフになります。

できれば夜ごはんを置き換えると脂肪になりにくくなるのでおすすめです。

最初から張り切って3食置き換えてしまうと、白米が恋しくなってガッツリ白米を食べてしまう可能性があるので1日1食から始めてみましょう。

ごはんと半分ずつ混ぜる

カリフラワーライスは見た目はごはんに似ていますが、結局は「カリフラワー」であります。

味も当然「カリフラワー」。

なので、最初はカリフラワーライスだけだと物足りなさや食べにくさを感じる人もいるでしょう。

そんなときは白米とカリフラワーライスを半々に混ぜて食べると、いつものごはんに近い感じとなり食べやすく満足感も得られますよ。

アレンジして食べる

カリフラワーライスをお茶碗によそってそのまま食べるとちょっと違和感を感じるかもしれません。

味にクセがないカリフラワーライスはおかずと一緒に食べるとおいしく食べられるんですよ。

中でもイチオシは「チャーハン」です。

具材と炒めて味付けするとカリフラワーの味があまり感じられず、本当のチャーハンっぽくおいしく食べられますよ!

他にもカレーライスやパエリア、オムライス、リゾットなど、味の濃い料理によく合います。

カリフラワーライスは通販で手軽に購入することができる便利な食材。
冷凍なのでストックしておけばいつでも食べることができますね。

⇓カリフラワーライス【楽天市場】

まとめ

カリフラワーライスは白米に比べるとカロリーも糖質も抑えられるため、ダイエット中には積極的に食べたい食材です。

無理せず続けるためには1日1食の置き換えから始め、ちょっと食べにくいと感じるときは白米と半々に混ぜるのもいいですよ。

よりおいしく食べるためにチャーハンやカレーライスなどにアレンジして、食べやすい味を探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました