新築は後悔ばかりのブログ。住んでわかった注文住宅の失敗談をご紹介!

暮らし
スポンサーリンク

我が家は地方在住の4人家族で注文住宅を建てました。

自分達で希望して設計してもらったはずなのに、住みだしてからわかった後悔していることについて書いていきます。

これから新築を建てられる方の役にたてればうれしいです。

スポンサーリンク

リビング階段は寒い

リビング階段を採用した我が家。

リビング階段に惹かれた点は

・リビングを通って2階や玄関に行くので、自然と家族のコミュニケーションがとれる。

・廊下にでなくていいので1階と2階の行き来が楽。

・今っぽくておしゃれ

・リビングが広く見える

そんな理由でリビング階段にしました。

確かに上記にあげた点はリビング階段のメリットだと実際に感じます。

逆に住んでみてわかったリビング階段のデメリットとはなんでしょうか?

【デメリット①】
  • 2階からの冷気が寒い!

我が家は冬になると雪が降る年もある地域です。

それゆえ、2階からの冷気が肌寒くてたまらないのです。

階段の位置がリビングの端ではなく真ん中あたりにあり、階段の延長線がくつろぎスペースなので、テレビを見ているときなどは常に冷気を感じます。

エアコンを高めの設定にしても、床暖房をつけても冷気のせいで暖かさは半減。

その代わり2階に上がると暖気が上にきているのでそれほど寒くありません。

この冬、もう耐えられないと思って階段にカーテンをつけてみると、だいぶ冷気はおさえられてつける前と比べると全然違います。

ただ、見た目がいまいちなのと上り下りのときにカーテンをめくらないといけないのが手間だなと思います。

【デメリット②】
  • 音やにおいが伝わりやすい

料理のにおいや生活音、テレビの音が2階にいると聞こえてきます。

普段はそこまで気になりませんが、体調を崩している人がいるときや子どもが受験生になったときは少し注意しないといけないですね。

ただ、上下の生活音が聞こえることで、1階と2階にいる家族の様子が何となくわかるのはメリットでもあります。

スポンサーリンク

ベランダはいらなかった

家を建てる前はベランダで洗濯物や布団を干したいと思っていました。

それでベランダをつくったのですが・・・ほとんど使っていないです。

サンルームがあるので洗濯物は夏はサンルームで干し、冬はエアコンの風を当てたいのでリビングで室内干ししています。

ベランダで干すとなると風で飛ばされないかとか虫がいるとか(特にクモ)、スリッパに履き替えてベランダにでるのが面倒くさいとかで結局室内干しです。

布団もベランダに干さなくても持ち運びできる布団干しを買って、日の当たるところにおけば十分だなと思いました。

ウチのベランダは屋根がないためバルコニーになるのですが、バルコニーだと最近多い集中豪雨で激しい雨が降ると排水が間に合わないのではないかと心配になります。

また大雪が降ると雪がどんどん積もっていくので雪も降ろさないといけません。

使用頻度が少ないのに心配なことや不便なこともあり、なくてもよかったなと思っています。

LDKは広くなくていい

LDKは広い方がいいと考える方は多く、広いとこんなメリットがあります。

・開放的な空間になる

・家族が同じ空間で過ごせる

・好きな家具がおける

確かに広い空間だとのびのび過ごせて憧れますが、私はもっと狭くてよかったなと思っています。

【デメリット①】
  • 無駄に物が増える

4人家族で20帖ほどですが、大きい家具を置いていないこともあり空間にゆとりがあります。

それはいいことなのですが、空きスペースがあるとおもちゃや学校の道具などいろいろな物を置いてしまうので、物が増えてごちゃごちゃしてしまうんですよね。

【デメリット②】
  • 冷暖房が効きにくくなる

リビングが広くなるとエアコンが効きにくくなります。

リビング階段や家の断熱性能、エアコンの機種なども関係してくるかもしれませんが。

7帖の寝室でエアコンをつけたときの体感温度とはやっぱり違い、寝室の方がエアコンの効き目をすごく感じます。

LDKが広くなればエアコン本体価格も高くなり、部屋の温度を上げるのも下げるのもパワーがいり、電気代にも影響がでますよね。

それも踏まえると、広ければいいわけではなく、窮屈に感じないほどほどの広さで十分だなと思います。

【デメリット③】
  • 広いリビングに1人はさみしい

子ども達が大きくなって自分の部屋で過ごすようになれば、リビングには1人または夫婦2人で過ごす時間が多くなりますよね。

広いリビングに1人でいるのはちょっとさみしくなるような、無駄に贅沢なような気がします。

ガスコンロは心配

昔からガスコンロしか使ったことがなく、システムキッチンには使い慣れているガスコンロを選びました。

IHクッキングヒーターは使ったことがないのでよく分かりませんが、やっぱり高温調理には向いていて、細かい火力調整ができるのはいいかなと思います。

メリットとしては

・火力が強い
・停電時も使える
・調理器具の種類を選ばない

このような点でしょうか。

心配な点は火の取り扱いです。

子どもが小学生になりちょっとした料理をするときはやっぱり心配です。

ひとりで留守番中に内緒で使っている可能性もありますしね。

また、自分や主人が高齢になり、物忘れをするようになったときに火の消し忘れが危険だなと思います。

そして掃除。

ガスコンロには五徳(ごとく)がありますが、汚れやすいし掃除しにくい形状で洗うのが大変なのです。

その点、フラットなIHは掃除が簡単そうでいいなと思います。

【デメリット】
  • 火災の原因になる
  • 掃除が大変

まとめ

個人的に感じた新築で後悔していることをまとめました。

どれもメリットとデメリットは紙一重な気もしますが、一度建てたら簡単にはリフォームもできないので、生活スタイルをよく考えて納得できる家づくりをしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました