保育園のお昼寝布団はどう選ぶ?失敗しない厚さや素材は?

子育て
スポンサーリンク

保育園の入園準備でお昼寝布団を用意しますよね。
お昼寝布団もいろいろな種類があってどれを選んだらいいのか悩みませんか?

私も2人の子どもが入園するときにお昼寝布団を購入しました。
上の子のときはあまりよく考えずに購入して、結果的に買い直すことになりました。

私の失敗経験からどのようなポイントで選んだら、満足のいくお昼寝布団に出会えるかをご紹介します。

スポンサーリンク

最初に購入したときの失敗談

上の子のときに最初に購入したお昼寝布団はネット通販で購入しました。
・敷布団
・掛布団
・敷布団カバー
・掛布団カバー
・枕
の5点セットです。

初めてということもあり、あまりよく考えずにシーツの柄が好きなキャラクターだったというのが決め手で購入しました。

しかし、届いた商品を見てみると、

ねこ
ねこ

「敷布団が薄い・・ペラペラ!」

敷布団と掛布団の厚さがほぼ一緒で、どちらが敷布団なのか区別がつかないほどでした。

でも買ってしまったし、とりあえずこの布団セットを保育園に持っていくことにしました。
保育園では布団を決められた場所にしまうのですが、誰もこんなペラペラなお布団を持ってきている人はいません。

すぐにでも買い直したくなりましたが、しばらくは使うことにしました。

スポンサーリンク

どのようなお昼寝布団を選んだらよいか?

保育園によってはお昼寝布団のサイズやシーツのタイプなどの指定がある場合もありますので、まずは確認しましょう。

徒歩や自転車で送迎する人は持ち帰る頻度も知っていた方がいいですね。

事前に確認すること
  • お昼寝布団のサイズ
  • シーツのタイプ
  • お昼寝布団を持ち帰る頻度

うちの子は転園したことがありますが、1つめの園は布団の持ち帰りはほとんどなく、その代わり毎週末シーツを持ち帰って洗濯することになっていました。

別の園では月に数回持ち帰りの日があり、布団セットを持ち帰らなければなりませんでした。

コンパクトさ重視

徒歩や自転車送迎で月に何回か持ち帰る人は、収納バッグに入れて持ち運びしやすいものがおすすめです。

自分の荷物、子どもの荷物、そしてお昼寝布団を持ち歩くとなると大変ですので軽くてコンパクトなものがいいと思います。

  • 軽さ
  • コンパクトさ

収納バッグ付きのお昼寝布団セットは必要なものが全てそろい、コンパクトにまとめられるものが多いです。

清潔さ重視

ほこりやダニなどのアレルギー対策には、布団を干すだけでなく丸洗いが効果的だと言われています。

また、防水シーツをしていてもおねしょをしたときに布団を汚してしまうこともあります。
そんなときに家の洗濯機で丸洗いできると嬉しいですよね。

洗濯してもへたりにくく、乾きやすい布団もありますので、定期的に丸洗いしたい人は洗濯できる布団を選びましょう。

寝心地重視

お昼寝布団によっては使っているうちにだんだんへたれてきて、ペシャンコになってしまうものもあります。

私は最初に購入したペラペラな布団を見たとき、「ぐっすり眠れるのだろうか?」「床の硬さを感じちゃうかな?」と気になりました。

なので買い替えるときに最も重視したのは、敷布団の厚さです。

いろいろと調べて、これなら大丈夫!と購入したのは、
「中わた綿100%の敷布団」です。

うさぎ
うさぎ

「中わた綿100%の敷布団」がおすすめです。

ポリエステルのものと比べると重さはありますが、しっかりしていてへたりにくく、満足のいく商品だったので下の子にも同じものを購入しました。

購入してから気がついたこと

セットで買う必要はない

セットで買うと必要なものが入っていて楽でいいのですが、中には必要ではないものが入っている場合があります。

  • まくら
  • まくらカバー
  • 収納バッグ

まくらとまくらカバーが園によっては不要なところも多いでしょうし、車で送迎する人は収納バッグは必ずしも必要ではありません。

また、掛布団は赤ちゃんのときに使っていたベビー布団で代用できることもあります。

そうなると、敷布団と敷布団カバーだけ用意すればいいですよね。

ふとんカバーの素材

ふとんカバーの素材はポリエステルや綿がありますが、やっぱりおすすめは綿100%です。

綿の方が肌触りがよくムレにくいため、寝ているときに汗をかく子どもに最適です。

最初に購入した布団セットのカバーはポリエステル素材でしたが、綿に比べると生地が薄く、使っていくうちに毛玉もできるようになりました。

なので布団を買い直したときにカバーも綿100%のものにしました。
数年使っても生地のいたみも毛玉もなく、買ったときとほどんど変わりがなく満足しています。

まとめ

お昼寝布団はいろいろなタイプのものがあります。

値段やデザイン、洗濯できるかなど選ぶポイントは人それぞれですが、寝心地のよさはどうでしょうか?

お昼寝は子どもの成長にとっても大切です。

ぐっすりと心地よい睡眠ができるよう、納得のいくお昼寝布団を選んであげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました