入学祝いのお返しは兄弟でも必要?時期や相場、おすすめのギフトは?

子育て
スポンサーリンク

子どもが入学を迎えるとき、親や親戚から入学祝いをもらうことがありますよね。

もし、自分の兄弟からお祝いをもらったときお返しはどうしていますか?

お返しする必要はあるのか、不要なのかちょっと悩みますよね?

もしお返しをするなら、いつ頃までにどのくらいの金額のギフトを贈ったらよいかについてまとめています。

スポンサーリンク

入学祝いのお返しは兄弟に贈るべきか?

入学の時期が近づくと自分の兄弟や配偶者の兄弟から入学祝いをもらう機会があると思います。

一般的には入学祝いは子どもに贈ったものですので、収入のない子どもから金品のお返しは不要となります。

子どもにお祝いを頂いたということを説明して、本人が電話や手紙で感謝の気持ちをつたえるのがよいでしょう。

一般的にはお返しは不要とされていても、次のような場合にはちょっとした気遣いが必要です。

・自分が兄弟の子どもに入学祝いを贈ったときに内祝いをもらった

・独身の兄弟や子どもがいない兄弟夫婦から金品(誕生日プレゼントやお年玉など)を度々もらっている

相手から内祝いをもらった場合や自分の子どもばかりがいつも貰っている場合には、一般的なマナーは置いておいて、臨機応変に対応するのが良好な関係を築くうえで大切なことです。

お互いに子どもが複数人いる場合には、お返しは大変だからやめようとあらかじめ決めるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

入学祝いのお返しはいつまでにするべき?

入学祝いは入学の準備に使ってほしいとの思いがあるので、入学前にもらうことがほとんどです。

早いとお正月に集まったときにもらったりします。

では、お返しはいつ頃するのがよいのでしょうか?

早く贈らないとと思いがちですが、お返しは「無事に入学しました」という報告の意味もありますので、入学式から1ヶ月以内にするのがベストです。

ただし、入学祝いを郵送でもらった場合には、到着後すぐにお礼の電話はいれましょう。

親がお礼を言うだけでなく、子どもからも「ありがとうございます。」と伝えれば、きっと喜ばれますよ。

入学内祝いの熨斗の書き方

せっかくお返しをするなら正しいマナーで贈りたいですよね。

のし紙の選び方や表書きの書き方を確認しておきましょう。

・「蝶結び」の水引がついたのしを使う

入学内祝いは小学校、中学校・・と何度あってもおめでたいお祝いですので、何度でも結び直せる「蝶結び」の水引がついたのしを使います。

「結婚祝い」や「快気祝い」など何度も繰り返したくないお祝いには、簡単にほどけない結び切りの水引がついたのしを使います。

では、のしの表書きはどうしたらよいのでしょうか?

・表書きの上側は「入学内祝」または「内祝」、下側はお子さまの名前を入れる

名前は親の名前ではなく、子どもの名前を入れます。

のし紙はフルネームで書くのが正式ですが、小学生の入学内祝いであれば下の名前だけにする人も多いです。
中学生以降はフルネームを入れるとよいですね。

入学祝いのお返しの相場は?

入学祝いのお返しの相場は頂いた金額の1/3~半額を目安にするとよいでしょう。

贈ったギフトより高価な物や安価すぎるものはがっかりしてしまうので、相場内でお返しするのが無難です。

遠くに住んでいてめったに会えない場合には、ランドセルを背負った写真や子どもが書いた手紙などを一緒に送ると成長が感じられて喜んでもらえます。

入学内祝いにはどのギフトがいい?

兄弟が独身の場合には本人が好きな物を贈るのが一番良いですが、結婚している場合には兄弟の配偶者や子どもも喜んでもらえるような物を選ぶようにしましょう。

それでは、どのようなギフトが人気があるかみていきましょう。

カタログギフト

カタログギフトはさまざまな種類の商品があり、欲しいものを選ぶことができるので年齢・性別問わず人気があります。

予算にあわせてコースを選ぶことができるので、迷ったときにはカタログギフトを選べば相手からも喜ばれることでしょう。

スイーツ

甘いものが好きな方、子どもがいる家庭にはスイーツが喜ばれますよね。

ランキング1位のスイーツやお店では買えないネット限定商品などはもらうと嬉しいですよね。

黒毛和牛

自分ではめったに買わない贅沢な高級肉は贈り物に最適です。

冷凍保存できればいつでも食べられますし、豪華な感じがお祝い事にぴったりです。

スターバックスコーヒー

スターバックスの挽きたての香りや味わいを自宅で楽しめるコーヒーギフトはおしゃれで、コーヒーが好きな人には喜ばれるギフトです。

家でゆったりとした時間を過ごしてほしいという気持ちが込められています。

まとめ

入学祝いをもらったら必ずお返しをする必要はありません。

子どもがお礼を伝えることができればそれでいいのです。

ただ、感謝の気持ちを形でお返ししたいときには相手が喜びそうなギフトを選んで贈りましょう。

きっとその心遣いが嬉しいはずですよ。

タイトルとURLをコピーしました