スキーウェアはレンタルと購入でどっちがお得?メリットやデメリットは?

暮らし
スポンサーリンク

冬になったらスキー場に行ってみたいけど、スキーウェアを持っていないとレンタルするか、購入するかで迷いますよね。

何回もレンタルするようなら費用がかさむし、かといって購入しても1、2回しか着なかったらもったいないし…。

そこでどちらを選択するのがお得なのか、レンタルと購入のメリットとデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

スキーウェアはレンタルか購入どっちがお得?

ワンシーズンに何回スキー場に行くのかにもよりますよね。

大人が1日レンタルする場合の相場は約3,000円~4,000円です。

購入すると安くて10,000円くらいからあります。

ということは3回以上行くならば購入した方がお得になることになります。

もちろんスキーウェアはブランドやデザインなどによって価格はピンキリですが、安価なものでも質のよいものを選べば簡単に壊れるものではありません。

1年に数回しか着ないのであれば、長い期間着ることができるので、お気に入りのウェアを購入してもよいかもしれません。

ただし、レンタルするにしても購入するにしてもメリット・デメリットがあるのでその点もよく考えてから決めてもいいですね。

スポンサーリンク

スキーウェアをレンタルするメリット・デメリット

【メリット】
・荷物が少なくなる
・洗濯やクリーニングが不要
・保管場所がいらない
・回数によっては購入より安く済む

【デメリット】
・デザインが気に入らない
・サイズが合わない
・撥水や防水の性能が落ちている
・何回も借りると高くなる

レンタルのメリットはその場で借りてその場で返すことができるので、新幹線や電車でスキー場に行く場合には荷物が少なくて済みますし、使用後のお手入れのことや保管場所について考えずに済むのが気軽でいいなと思います。

デメリットとしてはデザインが古くて気に入らなかったり、使用感がイマイチだったりすることもあります。

毎年スキー場に行くかわからない、ウェアにあまりこだわりがなく今だけと割り切れる人ならレンタルの方がよいかもしれません。

スキーやスノボーをするのが初めての人で1回やってみて挫折する人もいるので、初回はレンタルで様子を見るのもおすすめです。

スキーウェアを購入するメリット・デメリット

【メリット】
・好みのデザインが選べる
・サイズが合っている
・耐水性が確認できる

【デメリット】
・購入金額がかかる
・使用後に洗濯やクリーニングが必要
・保管場所が必要

購入する場合は最初に費用がかかってしまいますが、自分好みのデザインやカラー、サイズ、性能が選べて、一度購入すれば長く使うことができます。

一緒にいく友人が自前のウェアだと、自分もやっぱり欲しいと思ってしまうんですよね。

ただ、使用後は自分で洗濯する手間やクリーニング代がかかったり、シーズンオフの間は収納にも場所を取ります。

数回以上は使用する人、自分のお気に入りのウェアを長く使用したい人、お手入れが面倒ではない人は購入しても損はないですね。

スキーウェアを購入する際のポイント

◎防水性

スキーウェアの性能で気になるのは防水性ですよね。雪が溶けて水が浸入するウェアだとスキーもスノボーも楽しめません。

防水性能は「耐水圧」で示されます。
耐水圧とは生地に染み込もうとする水の力を抑える性能の数値になります。

最低限10,000mm程度の耐水圧はあったほうがよいので、それを基準に選ぶとよいです。

◎透湿性

通気性加工されていてウェアの中が蒸れにくい生地を「透湿性素材」といいます。

透湿性は生地1平方メートルあたり、24時間で何gの水分を外に出すかを数値で表したものになります。透湿性がないと蒸れて汗でびっしょりになりかもしれません。

一般的なウェアであれば透湿性4,000~8,000ぐらいのものを選べばよいでしょう。

◎サイズ

スキーウェアは洋服よりも少し大きめに作られているので、サイズは普段着ている服と同じサイズで大丈夫です。

寒さによって中に着るインナーの数も変わるので、あまりぴったりとしたものよりは少し余裕があるほうが動きやすくていいですね。

まとめ

スキーウェアは冬しか使わないものなので、レンタルがいいのか購入したほうがいいのかはメリット・デメリットを考えて選ぶのがいいですね。

どうしても決められない場合は初回はレンタルしてみて、2回目以降で購入するかを検討するのもひとつの方法です。

タイトルとURLをコピーしました